ゲームPCはBTOパソコンを選ぶべき理由

なぜゲームPCはBTOパソコンを選ぶべきなのか?

ゲームができるパソコンとなると電気屋さんで既成品として販売されているメーカー製パソコンではスペック不足でゲームができない可能性が高いです。なのでPCゲームをやると自作するか、BTOパソコンを選ぶかのどちらかになります。ここで私は上級者でもない限りゲームPCとしてBTOパソコンを勧めるようにしています。その理由やBTOのメリットを解説していきたいと思います。

 

BTOなら組み合わせの自由度も高い!そしてゲーム専用PCがある!

自由度の面でいったら自作が最も良いと思います。しかしそれと同じくらいにBTOパソコンも自由度が高いです。自作の場合は自分でイチからパーツ、ケースを注文して組み立てていく作業が必要となります。しかしBTOではすでに基本構成が整ったベースPCが用意されておりそこから自分の好きなパーツを注文時に取替することができます。

 

自作と同じようにCPU、ハードディスク、グラボ、マザーボード、電源など多くのパーツをカスタマイズすることが可能です。準備されているパーツもローエンド、ミドルエンド、ハイエンドとあり予算に応じて自分に合ったスペックのPCを作れるのも魅力です。そしてここからがBTOの良さでもありますがBTOパソコンは自分でパソコンを組み立てる作業がありません。BTOショップの店員さんが組み立てを行ってくれます。

 

つまり私達は選ぶだけ。
それで最高のパソコンを手に入れることができます。しかも自作やメーカー製PCより安くですよ!だから私はこれからゲーミングパソコンを購入予定の人には自作ではなくBTOパソコンを薦めています。

 

コストの安さもBTOの魅力

例えばメーカー製PCとBTOパソコンを比較すると本体価格などBTOの方が安いです。その理由にはメーカー製のように余計なアプリケーションが入っていないこと。販売者、製造者が一緒なので中間マージンが発生せずに余計な仲介手数料などが発生しないことが挙げられます。そして実は自作よりもBTOパソコンの方が同じスペックでも安いケースもあります。

 

自作の場合は通販等でパーツを購入しますが為替の関係などもあり値段が高くなるケースもあります。しかしBTOは大量にパーツ注文している分、原価も個人で買うよりは安く仕入れています。なのでその安さがPC本体にも反映されてきます。

 

自由度もあって安い!これだけでゲーミングPCにかぎらずビジネス用途で使うパソコンもBTOで買った方が良いと思う人は賢い判断だと思います。また自作は保証サービスといったものが一切ありませんが、BTOパソコンは最低でも1年間の保証がつきます。中には24時間サポート体制をとっているBTOショップもあります。知らないと損をしているのがBTOショップの存在だったりします。