デスクトップゲームPCは部屋のどこに置くのがベスト?

ゲーミングPCの設置場所はどこがいいのか?

ゲーミングPCでミドルタワー以上を選ぶと筐体の大きさにビックリすると思います。設置場所は限りがあると思いますが排熱処理、ホコリなどを考えて設置場所を選ばないと寿命の短さにも繋がってしまいます。各人、部屋の間取りが違ったり家具の配置も違うので確実にここが良いと言えませんが、逆に設置場所に好まないスペースを知ればその部分を避けて最適な場所に置けるのではないでしょうか。

 

絶対にPC本体を置かない方が良い場所

最もダメなパターンは床の上で本体を設置してしまうケースです。ホコリは床下30センチが最も蔓延していると言われています。床に設置すると排気口、吸気口などからホコリが入ってファンの回転を悪くするケースがあります。そうなるとCPUの冷却効果が落ちて排熱処理が悪くなります。

 

なので絶対、床に本体を設置するのはやめましょう。できれば床下30センチ以上を確保して排気口の後ろを遮らない場所に置くのが理想となります。

 

定番のデスクトップ設置場所

 

デスク上に本体を設置

床下30センチは余裕でクリアしています。そして最も手元に近い部分に本体がくるので起動ボタンなど非常に押しやすいです。その反面、デスクが広くないと設置できない…モニターもあるので狭苦しくなる…そして不安定だったり、作業しながらコーヒーなどを飲む方はこぼして機器に付着してしまうなどトラブルが起こる可能性もあります。

 

デスク下に設置する

パソコン本体を置くラックなどもあるので利用すれば床下30センチ以上はキープすることができます。しかし高さのあるパソコンだとデスク天板に当たってしまったり上部の排気口、吸気口が塞がれてしまうなどのデメリットも存在します。コンパクトな筐体サイズならデスク下でも対応できるはず。

 

ケースサイズに左右されやすい設置スペースですがデスク上を広く使うことができます。

 

モニター、キーボード、マウスと配線をつなぐ問題もあるのでデスクに近づけたい本体ですが設置場所によってはホコリが溜まりやすくなりメンテナンスをする頻度が増えるケースもあります。部屋のインテリアやスペースに合わせて最適な設置場所を確保しましょう。とにかく床下に置くのだけはお勧めできません。