パソコンもメンテが必要!デスクトップの掃除すべきポイント

デスクトップ型PCを掃除する理由

普通はパソコンなんて買ったら壊れるまで内部を開けることもなく使う人がほとんどだと思います。しかしゲーミングPCは高価な買い物。どうせなら長く愛用できるように定期的にメンテナンスをしてあげることが大切です。またメンテナンスのために側面、全面パネルなどを開けて掃除すると多少はパソコン内部の知識を身につけることができます。いきなり自作は難しいけどこういった簡単なメンテから少しずつ知識をつけていくと自作する時にだいぶ変わってきます。

 

そして定期的なメンテをする理由はパソコン内部って実はホコリが意外に溜まっています。ホコリがついた状態では冷却性能が落ちたりショートする可能性も含んでいます。せっかくのパソコンが壊れてはゲームをしているどころではありません。定期メンテをするだけで急なパソコントラブルを減らすことも目的の一つです。

 

デスクトップPCの掃除をする前の心構えと準備するアイテム

ホコリをとるために必要な道具としてはハンドクリーナー、エアーダスト、ピンセット、静電気防止手袋などです。非常に精密パーツなので大雑把に掃除をするのもNG行為。

 

またデスクトップ型PCを掃除す際には必ずパソコン、モニターの電源を落としておきましょう。心配な場合はケーブルをコンセントから抜いてしまった方が確実です。機械ものの大敵は静電気です。特に外気が乾燥している冬場は非常に静電気が起こりやすくパーツが故障、トラブルを起こすもとになります。作業前にあらかじめ静電気を除去できるように金属などに触れてから作業をするようにしましょう。

 

内部パーツは電気が通う部分です。
水気があると電気を通した時にショートしてしまいます。内部パーツのホコリを取るときはハンドクリーナー、エアダストを使って風でホコリを飛ばすようにするのが正しい掃除方法です。万が一、パーツに汗、水を落としてしまった場合は優しくタオル等で吸収して水気が完全になくなるまで電源は入れないようにするのがベストです。

 

デスクトップPC掃除の仕方

最初はケースから掃除をしていきます。外部であれば水気のあるタオルで拭いてもOKですが内部に水滴が落ちないように注意する必要があります。ケース部分の掃除が終わったら吸気口を取り外したり、側面パネルを外してファンについているホコリなどを取り除いていきましょう。

 

内部でもマザーボード、グラフィックカードなど電子部品があるところは必ず静電気防止手袋をして作業することが大切。掃除機、ピンセット、ハケなどフル活用して溜まっているホコリを取り除いていきます。