ゲームパソコンは電源に余裕を持つべし!

ゲーム用パソコンは最低でも500W電源を搭載するべし!

ゲームパソコンは通常の作業よりも多くの処理を必要としてます。そのためCPU、グラフィックボードは大量の電気を必要とします。あまりに電源ユニットのパフォーマンスが低いと各パーツに十分な電力が供給されずに動作に影響を与えてしまいます。そのためスペックによりますが最低でも電源は500W以上が推奨されています。

 

特にCPU、グラフィックボードは性能が上がるほど消費電力が増える傾向にあります。いわゆるハイエンドモデルと言われるゲームパソコンはCPU、グラフィックボードの性能が非常に高く消費電力も大きくなります。このような超ハイスペックPCだと500Wでも不十分だったりします。そういった場合は700W、800W程度の電源ユニットを搭載してパソコンの安定性を高めるのが一般的です。

 

ゲーム用パソコンの電源は品質にもこだわるべし!

電源の一口にいっても実は各電源は品質というものが80PLUS規格で定められています。この80PLUS規格がついている電源は最低でも80%の電力変換率が保証されています。例えば100Wであれば80Wはしっかりと電力を供給できます。といった感じです。

 

つまり電源は500Wでも100%電力として変換されていません。これも考慮して電源を選ぶことが大切です。

 

そして80PLUSには複数の品質が設定されています。品質が高いほど電力変換率が上がります。つまり安定した電力供給を行うことができます。500W電源でもスタンダード品質とプラチナ品質では約10%程度も変換効率が変わってきます。

 

変換効率が良いと長い目で見た時に電気代が大幅節約できます。また電力供給も安定しているのでパソコンの動作影響も違ってきます。安定性が高まるのが品質の良い電源の特徴です。

 

予算に余裕があるなら電源パフォーマンスは向上させるに越したことがありません。電力が足りないと各搭載パーツの性能を最大限に引き出すことができないからです。ミドルスペックのゲームPCなら500Wでも十分作動しますが品質だけは上げることがオススメ!デスクトップゲームPCを購入時には映像に関する処理能力だけでなく電源もしっかりと確認をしておきましょう。