デスクトップPCでゲームをやるには?

デスクトップPCはゲーム向け!しかし快適にやるならそれなりの環境を作る必要あり!

ゲームをパソコンでやるならデスクトップを選ぶのは当たり前。なぜならノートより安いし高性能。そして排熱処理に優れているからです。あとパソコンの拡張性も段違いでデスクトップに軍配が上がります。PCでゲームをやるために必要なもの。あると勝てる確率や上達が早くなる周辺機器を紹介していきます。

 

まずデスクトップPCでゲームをやるならこだわりたい2つのパーツがあります。それがグラフィックボード、CPUです。

 

グラフィックボードは高性能モデルを選ぶべし!

グラフィックボードとは映像処理を行うパーツになります。高性能なほど負荷の高い映像も処理してゲームを綺麗に映像として映し出すこともできます。またフレームレートといって1秒間にどれくらいの画像を映すことができるのか?といった環境にも影響を与えてきます。

 

主流としてはNVIDIA社製のGeForce GTX系がグラフィックボードではゲーム向けとなっており高性能になります。数値が高いほど性能がよくなっているので最高環境でゲームがやりたい人は絶対にグラフィックボードは良いモデルを購入する、もしくは搭載したデスクトップパソコンを使うようにしてください。

 

CPUは4コア以上を選ぶべし!

ゲームに適したCPUは4コア以上です。
コア数が多いほどCPU性能は高いです。日本での主流は誰もが知っているIntel社製のCPUです。そして4コア以上となるとCore i5、Core i7あたりのCPUを選ぶようにしましょう。

 

グラフィックボードと同じようにCPUも数値が高いほど高性能になっています。また処理能力が向上しているのでゲームパソコンを選ぶ際にはグラフィックボードと同じで高性能なCPUをつける、または搭載したパソコンを選ぶのが基本となります。

 

ゲームを最高に面白くする最適なモニター

ゲーム映像を映し出すモニターもゲーム用として使うならこだわりを持ちましょう。モニターの中にはゲーム用といったディスプレイがしっかりとあります。普通のモニターとの違いはリフレッシュレートが最大のポイント。これはモニタ画面の1秒間の画像の更新回数を表しています。一般的なモニターは60Hzになっており1秒間に約60回の画像が更新されています。

 

しかしゲーミングモニターになるとその倍の120Hz、144Hzなどがあり一般的モニターよりも細かい画像の更新が行われて動きが非常にスムーズに見えます。パソコン側でいくらフレームレートが出ていてもモニターが対応していないと意味がないのでゲーマーならモニターにも強いこだわりを持つのが当たり前!